サイトメニュー
クラベール > お役立ち情報・コラム > > 落とした鍵から家がバレる!? 悪用のリスクと対策をご紹介

落とした鍵から家がバレる!? 悪用のリスクと対策をご紹介

この記事は約 6 分で読めます
[掲載日]2024/05/30
落とした鍵から家がバレる!? 悪用のリスクと対策をご紹介
※本記事にはプロモーションが含まれています

落とした鍵から家がバレることを心配していませんか?結論から申し上げますと、鍵を紛失してしまった際、多くの場合はそれだけで住所などが特定される可能性は低いです。ですが、状況によっては住所が特定される以外のトラブルに遭うことも考えられます。

この記事では、住所が特定される可能性や、賃貸物件での鍵紛失時の注意点を解説します。また、適切な対応方法や鍵屋選びのポイントについてもご紹介します。

年中無休で対応!
作業前に必ずお見積り!

鍵のことでお困りなら鍵屋の鍵猿にお任せください!出張料・お見積りは無料です!

鍵のトラブルなら年中無休で対応してくれる鍵屋の鍵猿がおすすめです。施工実績も豊富で有名企業や官公庁との取引もあるのは信頼の証!

最短15分で駆け付けてくれるので緊急時も安心です。見積り・出張費無料も無料なので、気軽に相談できますね!

今なら1,000円割引キャンペーン実施中なので、まずは電話で問い合わせてみましょう。

この記事でわかること

  • 鍵を落としたら家がバレるのか
  • 鍵を落とした際の対処方法
  • 鍵をなくさないためには?

鍵を落としたら家がバレる?悪用されるリスクとは?

鍵を落としてしまっても基本的には家がバレることは考えにくいです。ですが、状況によっては住所がバレてしまうこともあります。ここでは鍵を落としてしまった際に住所がバレてしまうリスクと対策についてご紹介します。

鍵番号から住所がバレる?

純正の鍵には「鍵番号」が刻印されています。「鍵番号」は鍵の形状を表している番号の事です。なので、「鍵番号」から形状を特定しても、住所がバレてしまうことはほとんどありません。

しかしながら、ある条件下では悪用のリスクがあります。それは鍵の持ち主と鍵番号の両方が特定されている場合です。というのも、鍵番号から鍵を取り寄せたり、合鍵を複製することができます。その鍵を使って勝手に侵入されてしまうトラブルが想定されます。

鍵を落としてなくても「部屋の家具や置いている物の場所が違うような気がする…」など違和感がある場合は勝手に合鍵を作られている可能性がありますので、鍵交換をした方が良いかもしれません。

個人情報が記載されたものと一緒に鍵を落とした

先述したように、鍵を落としただけでは住所がバレる危険性は低いです。ですが、保険証や運転免許証などと一緒に鍵を落としてしまった場合は別です。

落とし物を拾った人が良心的な人であれば良いですが、仮に拾った人が悪用を考えた場合、住所がバレてしまい、拾った鍵を使って家に侵入する危険もあります。なので、個人情報が記載された物と一緒に鍵を落としてしまった場合は、早急に鍵交換をすることをおすすめします。

リレーアタックされる可能性

リレーアタックとは、拾った鍵で近くの家を片っ端から開けることです。確率論になってしまいますが、万が一、リレーアタックした家が落とし主の家だった場合、普通に解錠されてしまいます。

特に、マンションやアパートなどの集合住宅の敷地内で鍵を落としてしまった場合は、全戸リレーアタックされる可能性があります。なので、集合住宅の敷地内で鍵を落としてしまった場合も早急に鍵交換をすることをおすすめします。

ですが、このリレーアタックですが、子供がいたずら目的で行うことも考えられますが、どちらにせよ、そのままだと安心することができないので、鍵交換をすることをおすすめします。

鍵を落とした際の適切な対応方法と注意点

どれだけ注意をしていても鍵を落としてしまうこともあります。そんな時、最初に確認すべきは鍵がどこで落とされたのか特定することです。状況に応じて以下の対応方法が適切です。ここでは鍵を落としてしまった際の対処方法と注意点をご紹介します。

鍵を落としてしまったのか確認する

まずは落ち着いて本当に鍵を落としてしまったのかどうか確認しましょう。案外鞄の底やポケットにあったりします。また、車やバイクの鍵の場合はシートの隙間やメットインの中ももう一度確認しましょう。

また、鍵を落とすまでの行動を思い出して、施設などに立ち寄っているのであれば落とし物が届いていないか問い合わせてみましょう。

鍵紛失時の連絡先と対応の流れ

上記の方法でも見つからない場合、管理会社や大家に連絡しておきましょう。緊急時などはスペアキーで開錠してくれたり、懇意にしている鍵屋に連絡してくれる可能性があります。

また、どのように対応すればいいのかも相談に乗ってくれるでしょう。その際に、鍵交換をしても良いのか確認しましょう。勝手に鍵交換をしてしまった場合、原状回復を求められたりトラブルになる可能性もあります。そうならないためにも、予め管理会社や大家に連絡しましょう。

警察に遺失届を出す

鍵を落としてしまった際は、警察に遺失届を出しましょう。遺失届を出す際はできるだけ具体的に鍵の特徴やどのあたりで落としてしまった可能性があるかなどを記載しましょう。

もし、記載内容と合致する鍵が警察に届けられた際は警察から連絡してくれます。万が一、落とした鍵を見つけても、遺失届を取り消すだけで良いので、鍵を失くした場合は遺失届を出しておきましょう。

鍵交換を行い防犯性を高める

先述したように、状況によっては鍵を悪用されたりします。もしもの時に備えて鍵交換をしておきましょう。万が一、鍵を拾った・勝手に合鍵を作られても鍵交換をしていれば、解錠することはできません。

鍵を紛失した際、たとえ鍵が見つかったとしても鍵交換をおすすめします。見つけた人が勝手に合鍵を作製していても鍵交換をしていれば安心です。

鍵の交換や複製にかかる費用相場

鍵の交換や複製にかかる費用は、鍵の種類や対応業者によって異なります。一般的な相場は以下の通りです。

  • 一般的な鍵(ギザギザキーなど):5,000円~15,000円
  • 高セキュリティ鍵(ディンプルキーなど):15,000円~30,000円

ですが、緊急対応が必要な場合や深夜の対応、鍵の状態によっては追加料金が発生することがあります。基本的には鍵の防犯性能が高くなれば交換費用も高くなります。価格と必要な防犯性を見て判断しましょう。

鍵交換を依頼する際の鍵屋選びのポイント

鍵屋選びのポイントは、信頼性です。確認方法は、口コミや評価をチェックし、実績のある業者を選ぶことが大切です。次に、対応スピードです。鍵交換は素早い対応が求められるため、電話での問い合わせやWebサイトでの情報確認が重要です。

また、料金の透明性も重要です。見積りが明確で、出張・見積り料などの追加費用がないことを事前に確認しましょう。さらに、対応範囲も確認が必要です。賃貸やマンション、一戸建てなど物件タイプによって対応が異なる場合があります。

最後に、鍵の種類に対応しているかもチェックし、自分の鍵に対応できる鍵屋を選びましょう。

鍵を失くさない電子錠とは?

先ほど、どんなに注意していても鍵を失くしてしまう可能性があるとお話ししましたが、電子錠などの鍵が必要ない鍵もあります。例えば、暗証番号やICカード、指紋認証などで施解錠が可能な鍵です。

この電子錠は鍵穴がないので、ピッキングすることができません。また、鍵を持ち歩く必要がないので、今回のような鍵を失くしてしまうリスクもありませんし便利です。

ですが、電子錠は電池で機能していることが多いので、電池切れには注意が必要です。もし、導入を検討しているのであれば、電子錠の実績が豊富な鍵屋に依頼しましょう。

鍵を落とした際の対応まとめ

結論、鍵を落としただけでは住所がバレる心配はほとんどありません。ですが、状況によっては住所がバレてしまったり、トラブルに遭う可能性があります。トラブルに遭わないためにも、鍵を落とした際は、まずは落とした場所を確認し、見つからなければ管理会社や鍵の業者に連絡し、鍵交換を依頼しましょう。

さらに、電子錠などの導入により、鍵紛失のリスクを減らし、安心して暮らすことができます。今回ご紹介した情報を参考に、鍵を紛失したときや紛失しないための対策に役立ててください。

鍵開けや鍵交換を鍵屋に依頼する場合は鍵屋の鍵猿がおすすめです。年中無休で対応してくれて、北海道から沖縄までほとんどのエリアに対応しています。緊急時でもクレジットカード決済が可能なのも嬉しいですよね。

実績も豊富で年間10万件の問合せがあり、有名企業や官公庁との取引もあるので安心できますね。今なら1,000円割引クーポンも配布中なので、費用を抑えたい方にもおすすめです。

鍵トラブルでお困りでしたら鍵屋の鍵猿に依頼してみてはいかがでしょうか。

年中無休で対応!
作業前に必ずお見積り!

関連キーワードから探す