横浜の鍵屋が鍵交換や鍵開けのご依頼に出張します

出張 横浜の鍵屋は鍵猿

神奈川県横浜市の鍵屋が、年中無休で出張対応いたします。

鍵のトラブルでお困りの際は迅速解決の鍵猿に何でもご相談下さい。

出張費無料の鍵屋が現場へ駆け付けます!

鍵のトラブルはお任せ下さい!

窓の防犯対策ポイント2017年03月23日

窓の防犯対策について

玄関だけではない!泥棒が最も侵入経路として選びやすいのは「窓」なのです。「窓」は、部屋にある窓、ベランダ、トイレやお風呂についている小窓、廊下・階段等にある窓もすべて含まれます。意外と家の中にはたくさんの窓がある事に気が付きますね。

泥棒の6割は窓から侵入してくる

神奈川警察の統計情報によると、おおよそ6割の空き巣・忍びこみ・事務所荒らしといった侵入窃盗犯が窓から侵入していました。

手口としては、鍵がかかっていなかった場所からの侵入と、最も多いのがガラスを割る・焼く・穴をあけるなどして入ってくるガラス破り手口です。

鍵をかける事は防犯対策の基本ですが、ガラスを破られてしまったら鍵をかけても意味がないと感じてしまいますね。そこで、鍵をかける+合わせて行う対策についてご紹介いたします。

窓の鍵を増やす

人が入れる大きさの窓で、鍵が一つしかない場合、運悪く泥棒に狙われてしまった時にガラス破りにあうかもしれません。泥棒に対して行う防犯対策は、とにかく手間と時間をかけさせることが重要です。そこで窓にはダブルロック対策をしておくことをオススメします。
泥棒も見つかるリスクが高くなる現場は避けるので、ガラスを破って鍵を開けても窓が開かなければ「時間がかかる」「この家は防犯対策がされている」と思い諦めて逃げるケースが多いです。
取り付ける場所としては窓の上・下、離れた位置に取り付けます。窓の補助錠は市販もされおり、換気できるぐらいの幅だけ窓を開けられるタイプもございます。
窓の鍵を増やす以外にも、今あるクレセント錠を暗証番号式に交換することもオススメです。

足場となる物を片付ける

一戸建ての場合、家の周りに足場となる物があるかチェックしてください。身軽な泥棒は、足場を伝って2階からも侵入してきます。箱・ハシゴなど足場になりそうなものは片づけておきましょう。また、駐車場の屋根・給湯器・室外機・パイプ・電柱・木・隣の建物・塀など、動かせないものもありますね。そうした際は、2階の窓も厳重に対策を行い、下記のような対策も行っていきましょう。

窓ガラスに対策をする

家庭の窓ガラスは主に、透明なフロート板ガラス、網目状にワイヤーが入っている網入板ガラス、すり板ガラス、表面がデコボコしたくもりガラス、ペアガラスがあります。これらは簡単に割ることができるのです。網入は火災時にガラスが飛び散らないようにする、ペアガラスは断熱目的なので防犯性はありません。防犯性の高いガラスに交換すると効果的ですが費用が高い為、まずは鍵の周りに強化シートを貼るなどして対策していきましょう。

窓周りに対策をする

トイレ・お風呂にある小窓、台所にある窓などに窓格子を取り付けます。窓格子があると目隠し効果にもなりますし、ガラスを割られても中に入ることができません。また、家の周りの暗がりになっている所には、センサーライトを設置しておくとよいでしょう。お風呂の窓付近は覗き対策にもなります。

まずは出来る事から少しずつで良いので、窓の防犯対策をしておくと安心です。

出張無料!鍵交換・鍵開けはお任せ下さい

クレジットカード・ローンなどに対応しています。

鍵屋の鍵猿フリーダイヤル [電話受付:朝8時~夜0時]

0120-6969-95

ご依頼の流れ

  1. フリーダイヤルよりお電話ください
  2. 現場へスタッフが駆け付けます
  3. 鍵のお見積りを行います
  4. 作業終了後にお支払いとなります

対応エリア

横浜市鶴見区 / 横浜市神奈川区 / 横浜市西区 / 横浜市中区 / 横浜市南区 / 横浜市保土ケ谷区 / 横浜市磯子区 / 横浜市金沢区 / 横浜市港北区 / 横浜市戸塚区 / 横浜市港南区 / 横浜市旭区 / 横浜市緑区 / 横浜市瀬谷区 / 横浜市栄区 / 横浜市泉区 / 横浜市青葉区 / 横浜市都筑区